B5405731a858d2d8520fdbb7b61326dd
qyuloveのごはん日記。

醍醐寺展@サントリー美術館。

2018/10/12 13:24 お菓子 イベント 趣味 くらし 健康

先日、NHKの天気予報で「本気の秋、到来です」と言ってましたが、、、本気なのかぁ。。じゃっもう真夏日とかはないわけねっ?夏物は洗って片付けちゃうからね??オッケーねっ??といまいち疑り深くなってしまう今日この頃。。気象予報士さんも伝えるのが大変だろうなぁ。。(^^;)

先週の金曜日、小雨降るなか行って参りました

京都・醍醐寺 真言密教の宇宙展@サントリー美術館

http://daigoji.exhn.jp


醍醐寺はごぞんじ

「醍醐の花見」でも有名な

豊臣秀吉がひいきにした密教のお寺です^^


密教の法具って

餝(かざり)金具に目がない人間には

垂涎もの(*^-^*)


金銅でできた九鈷杵(金銅九鈷杵)も

精緻な模様が彫り込まれた鈴(金銅五鈷鈴)も

(この鈴は ふた回りくらい小さくして

レプリカ作ったら売れると思ふ。。私は買う。。)


なにやらお道具を入れる箱らしき

素敵な十字紋のついた箱(金銅輪宝羯磨戒体箱)も

すべてがため息の出る美しさ。。。


展示ケースにへばりついて

ず〜っと見てました(^^;)


醍醐寺の大スポンサーである秀吉の

日本史の教科書等でおなじみの絵姿(豊臣秀吉像)も

出展されており

歴史大好きで教科書を暗記する勢いで読んでいたワタシ、

なんだか昔の知り合いに会ったような気分でした(爆)



目を引いたのが

織田信長黒印状


醍醐寺での加持祈祷を依頼する短い書状らしいのですが

(内容は書の素養ゼロのワタクシには読めません)

最後に押されている黒印が

あの有名な「天下布武」(多分)

らしいw(゚o゚)w オオー!


そして

信長の直筆と思われる字は

意外なほどに端正で知的な印象


一つ一つの字の運びといい、

全体のバランスといい、

切れ味鋭く なおかつ均衡が取れていて

書き手の落ちついた精神と

深い教養が感じられる文字


そのくせ どことなく迫力もあり、、、

書状から信長の気が伝わってくるようです


ものすごく惹かれる字でした

(たとえ読めなくっても好き嫌いは言っちゃいますからね〜ww)


こんな字を書く人が

うつけなどとはとても思えないし

残虐粗暴な振る舞いをするとも思えないのだけれど、、、



話はちょっとそれますが

最近キンドルの読み放題で面白そうな本を

探していて見つけたのが

茂木誠さんという方の

「世界史とつなげて学べ 超 日本史」

という本です


最近の歴史って

いろいろ新発見もあるみたいだし

どんな風になったのかしら〜くらいの

軽い気持ちで読み始めたら

もうやめられない止まらないww



世界史(主に中国韓国と、当時のいわゆる南蛮の国々)

との関連の中で見ると

信長、秀吉、家康はもちろんのこと、

当時の戦国大名たちの振る舞いの一つひとつが

まったく違った意味を持って見えてきます


キリシタン大名なんて

自分のところの領民を

奴隷として「輸出」してたとか。。。∑( ̄Д ̄;)

そうやって外国に売られていった日本人奴隷たち

かなりの数に上ったらしいですが

その末路はいったい・・(>_<)



大陸や半島の方々が

あれほどまでに日本に恨みを持ち続けるのも

太平洋戦争のことだけじゃなく

延々と続く昔々からの衝突(とあえて書きますww)

があったからなのね〜

なんか腑に落ちた気分です(^^;)



と言うわけで

信長も

本能寺の変も

明智光秀も(こちらも最近違った角度からスポットを

当てた本が増えてきましたね)


実は

私たちが思っていたのとは違う何かが〜

あった・・・のかも??(^^;)


日本史の教科書も

大きく書き変わる時代が来るかもしれませんね(◎_◎)



さて

ついでに余計な感想ですが、、

信長の端正な字に見ほれた後に見ると


義演さん(お公家出身の醍醐寺の座主)の字が、、、

う〜ん、、、( ̄ω ̄;)

・・タヌキみたいな字?(エェッそれどんな字?爆)


なんとも言えぬ、、味が、、ある・・・( ̄  ̄;) うーん

(^^;)(^^;)


ま、逆に親近感がわいて良いのかしらん。。(^▽^;)


こんなところで

お習字の品定めをすることになろうとは

我ながら

思ってもおりませんでしたとさ(爆)



会場で

醍醐寺紹介のビデオも拝見しましたが

ものすっご

広大なのですね(@_@)

上醍醐、下醍醐に分かれて

深い山の中に点在する伽藍の数々に

圧倒されちゃいました


昔トーハクでお目もじした快慶の弥勒菩薩に

いつか本拠地の醍醐寺で

再びお目にかかりたいという野望

ひそかに熟成中です(^-^)




こうじ水@ズボラな方法。

ついさとちゃんのブログ

https://jinseiha-nyantokanarumonda.cookpad-blog.jp/articles/365923

で拝見して

ををっ!こりゃいいこと教えていただいた!

っと

さっそく我が家でも作ってみましたよ〜o(*^▽^*)o~



数年前に買ったはいいが

数回使ったきりで まったく活躍していなかった

ハリオのフィルターインボトルを思い出して、

こんな風に使ってみたけど

どうでしょう。。(^^;)


こちら↑は、8時間経ったものです

このボトルの中身を水筒に移して

(ボトルにフィルターが付いているので

漉さなくて使えるのが楽チンです^^)


ボトルには 新しい水を入れて

再び冷蔵庫へ


ほんの〜りほんの〜り甘酒の風味

食後に一杯ずつ飲んでみようと思います^^


このズボラ法の欠点は

3回使用した後のこうじはそのまま

捨てざるを得ないこと(勿体無い。。)


まあ ボトルから掻き出して不織布のパックに

入れてお風呂に入れてもいいんですけど、、、

ウチは入浴剤は別のものを使っているので

ま、いっかと(^^;)

何かお料理に使えるといいんですけどね。。。



とりあえず思いつきでやってみたのですが

何か他にも難点があるやもしれません、、、

その際は悪しからずお許しくださいませm(_ _)m


(もし興味を持たれた方がいましたら

詳しい分量や作り方などは

さとちゃんのブログをご覧になるか

「こうじ水」でググってみてくださいませね^^)





皆様のブログを久々に拝読しまくるここ数日(*^_^*)

(時間が細切れなのでなかなか思うように進みませぬが)

たくさん楽しい刺激をいただいています^^

いつもありがとうございます〜<(_ _*)>



秋晴れの青い空を待ちつつ。




クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください